ご挨拶

私たちは2009年8月、特定非営利活動法人(NPO)権利擁護・神戸心の相談センターとしてスタートしました。 私たちは、精神障害のある方やその家族、心の健康に心配のある方などの相談に応じ、カウンセリングや面接などを通して、地域の様々な支援につないだり、地域で暮らすための力をつけていただくようお手伝いしたいと思っています。 とりわけ2000年成立した「成年後見制度」は精神障害のある方の権利擁護の観点から、とても大切なものと思われますが、高齢者や他の障害者の方々の利用に比べて、残念ながらまだ十分に活用されているとは言えません。またこれまで、精神障害のある方の支援に関わってきた精神保健福祉士や臨床心理士・福祉施設の相談員などが「成年後見制度」に関わることは少なかったように思います。 これまで精神保健福祉に携わってきた私たちは、この「成年後見制度」の利用支援や実際「後見人(補助・保佐人)」となることによっても、精神障害のある方の地域支援をより確かなものにできると思っています。 まだ始まったばかりのささやかな組織ですが、以上の志を持って、精神障害のある方などの権利擁護や地域支援に貢献していきたいと思っています。 どうか私たちの活動を見守っていただき、これからの活動にご協力やご助言、ご活用をお願いしたいと思います。    

NPO法人権利擁護神戸心の相談センター代表: 美藤 早苗